施設?在宅?介護の現場ってどこが違うの?

施設介護ってどういうもの?

一口に「介護」と言っても、就労先は実は様々です。介護の現場というのは大きく分けると施設で行う介護と在宅で行う介護に二分されています。それぞれ同じ介護といっても少し違う部分があります。まず施設介護ですが、介護保険制度に置いていわゆる施設と位置付けられているのは「特別養護老人ホーム」「老人健康施設」「老人保健施設」というものです。そして、施設での介護というのは、施設に就職し入居されている方々の食事、排せつ、入浴といった日常的な身の周りのお世話やベッドから車いすへの移乗など日常的な移動にかかる介助を行っていきます。施設は24時間運営していますので、夜勤を含めた交代制のシフトになっていることが一般的です。

在宅介護っていうのは?

在宅介護というのは、読んで字のごとく自宅で暮らしている方を支えるために行われる介護全般を指しています。ヘルパーとして自宅に掃除や買い物に行くこともありますし、デイサービスなどでレクレーションのリーダーをすることもあります。もちろんそれ以外に日常的なお世話も行います。自宅で暮らしている方のお相手をすることになるので、ご本人だけではなくご家族の相談も受けることがあります。自宅での生活を支えるということは、お困りごとの範囲が広いこともあり、仕事の内容は広範囲にわたります。

ではどちらがいいのでしょうか?

どちらも一長一短あります。施設介護はどうしても生活が不規則になりがちということと、物理的な移乗介助が多い為腰を痛めやすいということもありますが、施設内での介護になるので、問題は「施設の中でどう支えるか」ということに絞られていますので、施設のスケジュールに沿って仕事を行えます。在宅は自宅で暮らしている人に関わるので、物理的な介助はそれほど多くはありませんが、ご家庭の数だけ問題やお困りごとがあるので常に臨機応変な対応が求められます。ご自身の適性を考えられてどちらか選べばいいでしょう。

介護の求人を東京で探すなら、求人サイトへの登録がおすすめです。登録しておくと、自分の希望に合った求人があるとメールで知らせてくれるのでとても便利です。