意外と多い!?求人採用活動におけるアンマッチ

意向に沿った書類は誰でも書ける

インターネットでの求人媒体が普及して、誰でも気軽に応募できるようになっています。そのため人気の職種には多くの応募があり、採用担当者も選考に時間をとられてうれしい悲鳴を上げているようです。しかし、一方では気軽に応募できるようになったために、昔の紙媒体での履歴書等のような書類の重さが感じられず、中には偽って書類を記載したり、少しの経験を誇張して記載する例もあり、採用する側もその見極めに苦慮しています。

その人の本質を捉えて採用活動をおこなう

書類選考をしていいと思った人材と面談に進んだとしても提出書類の内容に沿って受け答えをおこないます。書類の内容も採用されやすい、企業側が欲しいと思っている人物像に沿って書かれているために、採用担当者としてはあとは自社の社風に合うかどうか、人物的にどうかを判断するだけです。しかしその陰に隠れた経験の少なさや実際には求人案件とはかけ離れていることに気づけないことが多く、そのため採用しても仕事が思ったほどできなかったりとアンマッチを感じることになります。

アンマッチが起きないための方法

そのため特に中途採用求人の際には、筆記試験として採用しようと考えている職種の専門試験をおこないレベルをはかったり、また適性検査をおこない人物像の傾向等を知って判断する企業も多くなっています。一度採用すると簡単に解雇できない状況で、正しく判断して採用をおこなう必要があります。そのため面談は勿論のこと、試験をおこなってトータルで人物をみて判断する必要があります。中には試用期間を設けたり、最初は契約社員として採用して働きぶりから社員登用するスタイルを採用している企業もあります。

CADオペレーターとは、CADソフトを使って建造物や機械の設計図を作成したり、平面的デザインを3Dに変換することが仕事です。